シアリスの処方と添付文書について

人知れず性機能障害の悩みを抱えている男性もいることでしょう。
性機能障害には、大きく分けて勃起不全と射精障害があり、勃起不全はEDと呼ばれています。
今でこそ、勃起不全の治療は薬物治療が主流になっていますが、昔は、外科手術や注射などによる治療が行われていました。

気になる症状があれば病院へ行くことになりますが、まず勃起不全の治療薬は、一般的に、泌尿器科、または内科で処方されることになります。

勃起不全を発症して診察を受ける場合、最初に問診を行いますが、問診はEDの原因を知るために行います。

非常にプライバシーの高い部分なので、恥ずかしさだったりで医師に正確な情報を伝えない人もいるかもしれませんが、初診の段階で医師に間違った情報を伝えた場合、その後の治療にも影響が出ますので、しっかりと問診を受けるようにすることが重要です。

医師も同様な患者と日々接している専門家ですし、その問診によって適切な治療方法を決定するので任せましょう。

ちなみに泌尿器科で診察を受けた時に、生活習慣病の疑いがある場合は、他の検査が行われることもあります。

日本で処方されている3種類のED治療薬のひとつがシアリスです。

シアリスは、世界で最も売れているED治療薬で、日本でも人気があり信頼ある薬ですが、デリケートな部分に関わるものでもあるので、どういう副作用があって、使用上の注意はなにかということを、シアリスを服用する前に添付文書で確認しておくと安心です。

しかし、持病があって他の薬を服用している場合は、必ず担当の医師に知らせておくようにしましょう。

心因性勃起不全の患者は、ED治療薬を服用しながら、専門家によるカウンセリングを受けることもあります。
ストレスから心因性勃起不全を発症した場合、ストレスがなくなることで早く改善する患者もいます。