シアリスの効果の根拠とは何か

ED治療薬で人気のシアリスですが、その効果には一体どんな秘密があるのでしょうか。

その秘密はずばり、タダラフィルという有効成分にあります。

ここでは、このタダラフィルが一体どのように作用してEDを改善する事が出来るのかについて簡単に説明をしたいと思います。

男性は性的な刺激を受けると勃起をしますが、その際にcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増加しています。
cGMPには血管を拡張させる作用があって、その作用によって陰茎の血管が拡張されて海綿体内に大量の血液が流れ込む事になります。
子の海綿体内に血液が大量に流れ込んでいる状態が勃起なのですが、その際には血管が圧迫されるので勃起状態が維持され続けます。
ただ、そのまま勃起状態が維持され続けているわけでは無く、性的な興奮状態が落ち着いてくるとPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)と呼ばれる酵素が放出され、そのPDE5がcGMPを分解する事によって勃起状態から元の状態へと戻っていくのです。
要するに勃起と元の状態に戻るのにはcGMPとPDE5の量のバランスが重要であり、EDになるとcGMPに対してPDE5の方が多くなるので上手く勃起できなくなるのです。
そしてシアリスに含まれているタダラフィルはPDE5を阻害する作用があり、勃起した状態から元に戻るための酵素の働きを邪魔するのです。

だからこそシアリスの効果が続いている間はEDが改善されるようになり、円滑な性行為を行う事が出来るようになるのです。
性的な興奮というのは視覚や聴覚、あるいは物理的に性器に刺激を与える事で脳に働きかける必要がありますが、そのような作用はシアリス自体には無いためにシアリスを服用したからといって勝手に勃起をするという事は無いので安心してください。