ED治療クリニックとは?シアリスと併用禁忌の薬

いざ自分がEDかもしれないと思ったとき、あなたはどうするでしょうか。

男性ならば誰にでも起こる可能性があるのが、ED(勃起障害)です。
※正確には女性の不感症などもEDの一種に分類されることもありますが、通常はEDといえば男性の症状です。

病院であれば泌尿器科というのがまず思い当たると思いますが、今ではED治療専門のクリニックというのも存在しています。

ED専門のクリニックであれば、通常の病院で診てもらうよりも幾分かは、気恥ずかしさや症状の不安が和らぐのではないでしょうか。

とは言っては始めての場合だとやはり、不安も大きくあると思います。

クリニックで何をされるのか、どこまで話す必要があるのか、などは大きな関心事です。
まず、医師や看護師などはスタッフが全員男性で構成されているというところも多くなっています。それは患者に配慮してのことです。
診察では、ペニスに変形などがない場合には下着を脱ぐ必要はありません。ただEDであるということを説明して、説明を聞くだけです。一般的には、この後はED治療薬という薬を処方されます。
シアリスもED治療薬のひとつで、他のものよりも穏やかな効果が長時間続くというのが特徴の薬です。
しかし、中にはED治療薬を処方してもらえないこともあります。それは、併用禁忌薬を使っている場合です。狭心症や心筋梗塞の治療に用いられる硝酸剤は、シアリスなどとは併用禁忌になっています。併用すると血圧が下がりすぎてショック状態に陥り、心肺停止の危険性があるからです。
この場合には陰圧式勃起補助器具、陰茎海綿体注射(ICI)、陰茎プロステーシス移植といった方法が適用されます。よく選ばれるのはICIで、陰茎に直接血管拡張作用がある薬を注入する方法です。